トップ

親知らずは歯科に相談

歯科で親知らずの治療

クラウン

歯科の治療と親知らず

親知らずは人によって4本生える人もいれば、1本も生えてこない人もいます。また奥にあるので磨きにくく、虫歯になりやすい歯です。だから、虫歯になってしまった時や生えてくる時の痛みなどを感じたり腫れてしまった時等は、歯科に行く事が重要です。ただ、以前は抜歯してしまうのが一般的だった親知らずですが、現在では温存している人も多くいます。医師によってその方針は違ってくるので、実際に治療を受ける必要が出てきた場合などは、しっかりと歯科に行って相談してみましょう。そして自分に合っている所で処置を受ける事が重要です。

親知らずの処理がポイント

良質な歯科選びにおいては親知らずの処理が1つのポイントであり、虫歯や歯周病を可能な限り防ぐために必要な要素となってきます。これらはおよそ20歳前後を目安に生えてくる歯であるため、抜いてしまうか温存するかの判断は歯科担当医次第で変動する可能性が高いといえるでしょう。親知らずは斜めに生えてきたり、歯と歯の間に隙間を作りやすいといった問題点を抱えやすく、痛みが激しかったり虫歯の原因になると判断される状況においては抜歯する選択も有効ではあります。しかし、年齢と共に歯の本数が減っていく点を考慮した場合、問題がなければ残しておいた方が有利となることに着目するべきです。

↑PAGE TOP

© Copyright 親知らずは歯科に相談. All rights reserved.