トップ / 歯医者になるための合格率

歯医者になるための合格率

歯医者になるための道

クラウン

歯医者さんになるためには

歯医者さんになるためには、歯科医師国家試験に合格する必要があります。この試験は司法試験や公認会計士試験などと比べて合格率が高く、概ね6割から7割程度で推移しています。この数字だけを見ると簡単な試験に思えるかもしれませんが、受験資格が非常に厳しくなっています。基本的には大学の歯学部でしっかり勉強した人しか受験が出来ないので、合格率が高くなっているのです。歯医者さんはみなこの試験を突破しているので、我々も安心して治療を受ける事が出来るという訳です。

歯科のブラッシング指導について

虫歯や歯周病にならないようにするには、日々のブラッシングがとても大切です。歯科に行けば、丁寧にブラッシングの指導をしてくれます。皆さんはブラッシングにかかる時間は、何分ぐらいでしょうか。望ましいのは最低5分以上です。もちろん、時間をかければいいということではありません。丁寧に正確にしなければなりません。雑なブラッシングでは、いくら時間をかけても無駄です。詳しいブラッシング方法は歯科医師が丁寧に指導してくれますが、基本的には大きく動かさないで、小さく小刻みに動かすと、細かい汚れがきれいに取れます。

↑PAGE TOP

© Copyright 親知らずは歯科に相談. All rights reserved.