トップ / 歯科治療で歯を削った場合

歯科治療で歯を削った場合

歯科治療で詰め物

クラウン

歯科治療で使用されるクラウン

歯科治療において歯を削った部分を保護する被せ物、または詰め物の事をクラウンといいます。これにはセラミックやレジン、ジルコニアなど材質に様々な種類があります。何を使うかによって保険適用か適用外かに違いが出てくるとされており、保険適用外になると各歯科医により金額設定が異なるので治療費に大きな差が出る場合もあります。金額以外の違いとしては強度や見た目の問題が大きく関わり、何を重視するかにより使用するクラウンは違ってきます。また治療後も欠けたり割れたりといったトラブルも十分に考えられるため、アフターケアーも考えた上での選択が重要です。

クラウンとはどのようなものか

歯科医院では、クラウンの治療が良く使われます。虫歯などで削った歯にかぶせる人工の歯のことをクラウンと呼びますが、一般的には差し歯やかぶせものと言われます。小さな虫歯には詰め物が入りますが、詰め物では対応できないときに使われます。金属やプラスチック、セラミックなど様々な材料で作られていて、歯科医院の中でも保険適用されるものや適用外のものに分かれます。また、形状も、歯全体を覆うタイプや歯の一部を覆うタイプなどいくつかの種類があります。できるだけ自分の歯を残すように、治療するときも虫歯になっていない部分は削らずに残してくれます。

↑PAGE TOP

© Copyright 親知らずは歯科に相談. All rights reserved.