トップ / 矯正歯科で治療すること

矯正歯科で治療すること

矯正歯科で健康に

クラウン

矯正歯科は胃腸にも効果がある

矯正歯科で歯並びを改善すると、胃腸にも良い影響があります。噛み合わせのズレの100分の1mmは全身を歪ませると言われています。特に消化器官により歯は重要で、噛み合わせが良いと唾液がよく分泌されるため、唾液の消化酵素と食べ物が混ざり合って消化の負担が減ります。若い時は内臓も元気なので、噛み合わせは気にならない人が多いですが、胃腸が弱り始めた時に体調を崩しやすくなるため、矯正歯科はできるだけ早い段階で済ませます。

矯正歯科で歯並びを整える利点

大人になってから歯並びの大切さに気づいて矯正歯科で治療を始める人が増えています。笑ったときに見える歯が整っていると、相手に対して好印象を与えやすくなるので、人と接する機会の多い仕事に就いている方にとって歯列矯正は特におすすめといえます。また、矯正のメリットは見た目がよくなるだけではありません。歯並びが整うと歯の隅々までしっかりとブラッシングしやすくなります。虫歯や歯周病になりにくい健康な歯と歯茎を維持しやすくなるという点も歯列矯正の大きなメリットといえるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 親知らずは歯科に相談. All rights reserved.